teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:83/479 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

小2母様へ

 投稿者:佐竹ゆり  投稿日:2012年 1月27日(金)08時14分37秒
  通報
  自分たちの主張が少数意見である場合排除の力が働くのが政治なのかもしれません。
私もいやというほど味わってきました。
ですが諦めるとすべては無になります。それがたとえ少数意見でも意見としてあることを尊重していかなければならないと考えています。

今回の放射能問題は政治的には混乱を防ぐこと、生活再建を大優先に、現時点の判断として最善と考えられ多くの国民が支持しているのでしょう。

日本の高度成長期に大問題になった公害でも問題が起きてから国が動き保障問題も議論されるようになってきました。それまではあくまでも経済成長が優先され問題が大きくなるまでは国民も関心が浅かった。そこには報道の偏りもあります。ですがそれも問題を指摘する声を上げ続けたから解決が見られたのです。

皆様が少数意見のモンスターペアレンツといわれることは悲しいことですね。

心配されていることへの情報提供は、本来市の事業として適格かどうかということもあります。
放射能測定は県の事業でもあります。
これまで地方公共団体は国、県の仕事を機関委任事務としてやってきた歴史があり自分の頭で考えて政策を条例化して、他市のやらないことを率先してやるということが苦手です。

でも地方主権の時代なんだから市長が率先して取り組むように指摘していきたいと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:83/479 《前のページ | 次のページ》
/479