teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:25/479 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

よくわかります

 投稿者:佐竹ゆり  投稿日:2012年 9月22日(土)15時56分16秒
  通報
  民主党の代表選挙が終わり、いよいよ自民党の総裁選挙ですね。

でも、私たち世代にとってどちらの政党がいいかというとそれぞれの立場がありますが、中庸な政党がなくなるような気がして何とも言えません。自民党になった途端憲法改正、徴兵制なんてことにならないかと心配する人もいたりして。

民主党への批判は致し方ないとしても、自民党がこの批判に耐えうるのか。
では維新の会?

知人の中にはみんなの党に行く人もいて、とにかく国会議員になりたい人ばかりかと幻滅してしまいます。

ゆうさんの言われる通り歳出を減らすということはとても大事です。
綾瀬市の24年度予算において、今更なので隠したりもしませんが、小児医療費の助成拡大をせめて1割負担にすべきであり、無料はだめだと言い張ったりもしました。
副市長からは子育て支援を専門でやってる佐竹がそんなこと言って大丈夫?と余計な心配をされたくらいですが、今後肩車で高齢者を支えるのであれば過剰診療につながる無料よりは3割負担を1割にする支援こそが大事だと思ったからです。私の直接話したお母さんたちは1割負担で納得されました。無料こそ無駄なコンビニ受診をしたり軽傷な状況でも時間外受診を簡単に受けるようになるという意見が多数でした。

地方議会は議員と市民が近い分、市民が喜ぶ政策は議会は可決します。

何をやってという議員はいても、何をやめろという議員はいないのが現状です。





 
 
》記事一覧表示

新着順:25/479 《前のページ | 次のページ》
/479