teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:100/479 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ご指摘は悩ましい限りです

 投稿者:佐竹ゆり  投稿日:2011年 2月12日(土)22時20分9秒
  通報 編集済
  私が市議会議員になった一年目の予算編成では、議員提出議案として16年度予算の組み替え動議を提出しました。地域活性化インターチェンジ政策は決して実現できないということでその分の予算を他の道路政策に回せというものです。
議会では否決されましたが、現在では結果として地域活性化インターチェンジは実現できないまま、現在はスマートインターチェンジで議論されています。

本当に地方に何が必要なのか地方に住む人にしかわからないことはたくさんあります。「本当に必要なのか?」地域の小さな声もそれは市民の声であり、私に届くのであれば議会で発言するとは当たり前のことです。

その点で国会議員と考えが違っていても、私は市民の声に耳を傾けることが私の仕事です。

政党が同じでもねじれはあるのかと思っています。
でもどちらが正しいかということはありません。どちらがどの声に耳を傾けているかの違いですね。

私は自分の信念をとおし議員として活動することが重要だと思っています。
 
 
》記事一覧表示

新着順:100/479 《前のページ | 次のページ》
/479