teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:34/479 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

いじめ問題について

 投稿者:子供が心配  投稿日:2012年 8月16日(木)20時56分29秒
  通報
  ご返信ありがとうございます。

いじめを一括りに出来ないということ、それぞれが個別に複雑に絡んだ問題がありデリケートに扱わなくてはいけないことも同意出来ますが、政治家はそれぞれの信条はともかく、複雑な問題の全体最適になるスキームを作るのが役目ではないのでしょうか?

 教師の仕事、カウンセラーの仕事、教育委員会の仕事、それぞれがあり、本来は個別問題に対して現場に近い人間が対応するべきことではないでしょうか?個別対応できない環境があるのであれば、そこを出来る環境にするのが政治の役目ではないのでしょうか?
 事務作業が多くて生徒と接する時間が少なくなっているという問題があるのであれば、事務系を処理する人間が配置できる仕組みを作る必要があるし、いじめを報告するとマイナス査定が付く仕組みが隠蔽に繋がるのであれば、報告するとプラス査定になるとか、今回の大津の様な担任に対しては個別指導する仕組みを作るなど、解決に近づくスキームを作るのが政治家ではないでしょうか?

 橋下市長が期待されるのは、難しい事を1mmでも前に進めるために試行錯誤しながらも責任を持って決定していくからではないでしょうか?
 お立場的にこの場で言えないことも在るでしょうが、いじめだけでなく、自殺、格差、学力低下、生活保護、など政治が決めなくてはいけない問題は全てデリケートだと思います。話がそれましたが、スキームがない見えない、いじめ対策は結局のところ現場任せで、現場の担任や校長の能力、価値観に大きく左右してしまい、保護者としては良い担任に当たることを運任せに願うしかないようです。

追記
この掲示板でのやりとりを拝見していて応援をしておりますい、期待をしています。ただ、時に明確なメッセージを発信していただきたいと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:34/479 《前のページ | 次のページ》
/479