teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:26/479 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

民主党を正当化するのは不可能です

 投稿者:ゆう  投稿日:2012年 9月21日(金)19時51分5秒
  通報
  3年前の選挙の際、民主党の鳩山代表が消費税を上げないと宣言して政権交代を成し遂げました。これが民意です。
消費増税は一部の国会議員が民意を無視して勝手にやった事です。このことは、民主党から60人もの離党者が出た異常事態を見れば明らかです。100歩譲って言うなら、野田さんのような人達を国会に送り込んでしまった国民自身の責任といったところでしょうか。
しかし、3年前の選挙の際、野田さんはマニフェストについて次のように演説しているので、国民自身の責任と割り切ることができないのが事実です。

「書いてあることは命懸けで実行する。書いてないことは、やらないんです。それがルールです。書いてないことを平気でやる。これっておかしいと思いませんか?書いてあったことは4年間何にもやらないで、書いてないことは平気でやる。それはマニフェストを語る資格が無いというふうに、是非皆さん思って頂きたいと思います。」
(実際の映像はYouTubeで「野田総理 マニフェスト 書いてあることは命懸けで実行」を検索)

民主党は「マニフェストは絵に描いた餅」であることを証明しましたし、野田総理自らも「選挙時に言ったこをと真に受けた国民が悪い」ということを証明して見せました。国民はこれから一体何を信じて誰に投票したらいいのでしょうか?

子供世代に負担を強いないようにすると言うのであれば、何故歳出削減をしないのですか?
国は、自己破産者を減らす目的で、消費者金融からの借入額を年収の3分の1以下に制限する法律を作っておきながら、国自身は歳入の95%以上もの借金を作っています。これでは、返せる当てのない借金返済を子供世代に強いることになりますし、何より国自身で「国が破綻する」と言っているようなものです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:26/479 《前のページ | 次のページ》
/479