teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


道路周囲への騒音被害・資産価値急落

 投稿者:寺尾住人  投稿日:2010年 3月14日(日)16時24分59秒
  立ち退きを迫られる方々と同様に道路の周囲数十メートルに入る方々にも騒音被害・資産価値低下などの被害が必ず生じます。
・・が、予算にすら入っていないとはこの問題は完全に無視されているようですね。
騒音に耐えきれない方々は資産価値の急落した状態で家を売り払って引っ越すのでしょうか?

>■費用はどのくらいか?都市計画道路上であることを皆さん承知しているか?(山岸委員)
>・寺尾上土棚線の延伸予算は約70~80億程度である。移転費用は建物が一軒2500万、土地が㎡15万円、それに工事費を加え件数で計算するとこの位。
 
 

お疲れ様です。

 投稿者:そうちゃん  投稿日:2010年 3月13日(土)22時50分53秒
  日頃の政治姿勢と政治活動に対しては敬服させられるばかりです。

政府がコンクリートから人へという政策になる中、莫大なお金をかけて多くの人が反対する寺尾・上土棚線延伸や綾瀬インター建設に使うお金があるならば、もっと人に対する優しくて手厚い福祉に回すべきではないかと思います。
ただ単に建設費だけでなく、立退き費用もかかるし、予定地にかかる住民の精神的負担はお金では代え難いものです。
長引けば長引くほど経費は当然かかります。

国や県からの負担金や補助金は断る勇気も必要で画期的ではないかと思います。

このご時世に反対しかないでしょう。

そして市長室も1階の市民課待合後方かともしびショップと同じ1階で場所交換を…。
 

中学卒業したら

 投稿者:佐竹ゆり  投稿日:2010年 3月12日(金)23時25分41秒
  今日は綾瀬中学校の卒業式に出席してきました。
卒業式も3回行われるということです。正式な式典に出席する子どもたち、不登校の子どもたち、当日式典に出席できない子どもたち。中学校を卒業して、進路が決まっている子どもたちや就職先が決まっている子どもたちはそれなりの支援があります。ですが、それ以外の進路が決まらない子どもたちへの支援はどうなるのかとても心配になります。
行政の支援がどこまで必要なのか子どもたちの未来を考えたとき私たちもしっかり議論しなければいけないと思いました。
 

子ども手当

 投稿者:佐竹ゆり  投稿日:2010年 3月 9日(火)13時39分35秒
  22年度予算が可決されるといよいよ6月から子ども手当が支給されます。
皆様は報道等でご存じかとおもいますが、4月5月はこれまでの児童手当(所得制限があり月額5千円~1万円の制度)で支給され、6月からは子ども手当へと移行されます。(所得制限なし中学卒業まで初年度一人1万3千円。23年度から2万6千円の予定)
支出は児童手当としての市負担分はそのままで上乗せ分が国から支出されます。
すでに昨年の12月には補正予算としてシステム改修分が計上され市議会を可決しており、移行の手続きが進められています。今後所得制限にかかっていたお子様4200名のご家庭への通知も順次進められます。

子ども手当には様々なご意見がありますが、子どものいる保護者の望む子どもの人数と実際に産んだ子どもの人数は等しくなく、その理由として1位にあるのが子どもを育てるのにお金がかかるという調査結果があります。
私も子育て支援にかかわり、親の支援や虐待防止への支援など取り組んでまいりましたが子育て環境の改善は成果が出ても少子化への歯止めにはなりませんでした。国は本気で少子化対策に取り組む覚悟です。

子どもを産みたいという女性の思いを後押しする子ども手当にもなることを期待しています。
 

断る勇気も…。

 投稿者:そうちゃん  投稿日:2010年 3月 5日(金)12時53分33秒
編集済
  今日コミュニティバスに乗っていて「広報あやせ」がささっていたので読んでいました。

その中に市民と対話したQ&Aみたいなのが出ていました。

その中で綾瀬インターと寺尾・上土棚線北伸を推進する…なんて書いてありました。(^^)

※ところでこのコミュニティバスですが、1・2号車はいつも混んでいます。もっと抜本的に何とかならないものですかね。

本数増やすとかバス会社に移管するとか…。席の争奪戦になってます。結局高齢者が多いし…。
 

経済建設常任委員会

 投稿者:佐竹ゆり  投稿日:2010年 3月 4日(木)17時05分28秒
編集済
  3月2日経済建設常任委員会が開催されました。

22年度予算の審議がなされ、寺尾上土棚線北伸は広域道路対策事業として1295万が予算計上されています。
この内容としてはまちづくりコンサルタントを入れて地域の皆さんとの調整をするようです。

他質疑内容は
■幅員はどうなるのか?(松本委員)
・これまでの計画線上の移転件数は22メートル道路だと100件余だが、地表式で27メートル道路となると150件が対象となる。
■費用はどのくらいか?都市計画道路上であることを皆さん承知しているか?(山岸委員)
・寺尾上土棚線の延伸予算は約70~80億程度である。移転費用は建物が一軒2500万、土地が㎡15万円、それに工事費を加え件数で計算するとこの位。
・建築確認のときに知るはずだが、不動産業者から説明をうけず購入された方もいるようだ。だから今回のアンケートをおこなった。
■この事業は県事業か?(山岸委員)
・綾瀬市、海老名市、座間市と神奈川県、厚木土木が入り検討している。県にお願いする。
■22年度の動きは?広域なのだから相模原市は入らないのか(山田委員)
・検討会を設置していく。(これは建設推進ではなく、あくまでもやるにはどうするか、やらないも選択肢として考えるため検討会のようです)
・相模原土木が入っている。
■ぜひ推進すべきと考えるが民間ではどのような動きがあるのか?(笠間信一郎委員)
・座間市では商工会が主体となって海老名市商工会、綾瀬市商工会に声かけをし推進委員会を立ち上げる予定。また、市内でも民間の推進協議会が立ち上がる予定。

(私は議事をすすめながらのメモですので要約のみです。詳しくは閉会後に議事録として出ますので確認してください。)

私は一般質問 3月15日(月)の7番目に質問をします。
「寺尾上土棚線の北部延伸など道路政策について」「綾瀬市の支援教育推進について」です。月曜日の午後3時ごろかと思います。インターネット中継もしていますのでご覧ください。

そこで議論しますが、市側は寺上線の北伸についてはあくまで40号線の渋滞解消のため必要があり、たとえば、208号線や42号線の拡幅では4車線道路で裁ける量の4万台は対応できないと考えています。
確かにICができたら渋滞は予測されますし、道路は必要でしょう。また、広域道路として県央を辻堂から相模原まで抜ければ便利になることは十分理解できます。必要のない道路は造られないように、すべてが必要でこれまでどこの自治体でも道路は必要論である意味政治力で作用され作り続けられてきたのです。

でも、ここで今の綾瀬にとって解消されるべきは東西の幹線道路の渋滞で、今後予測される渋滞のために住んでいる人を移転させてまで建設することが必要か考えなければならないのです。

地表式か地下式か分かりませんが、道路を作り沿道を広く取って緑を多く植樹し街並みを整えても、そこを多くの車が通過します。市が言うようにIC設置で企業が進出し職住近接ができ、それに見合った税収を得ることで市民サービスを維持することができるかは未知数です。ICも、道路も本来ある物件を移転して作るのですから確実にいなくなった企業や住民分の税収はへるのです。

今回市に対して、県道の北伸がICが設置されなくても必要という点をどのように市民に説明するのか、データの提示の必要性などを質問します。広域に見ては必要かもしれないけれど市民生活がこの道路政策によって本当に向上するのかは市議会で議論されるべき課題です。
たとえば、市民の納得する道路政策とするためには、その道路の優先度を市民が分かるような評価基準のもと、比較できる数値が必要だと考えます。
 

議会が始まりました

 投稿者:佐竹ゆり  投稿日:2010年 3月 4日(木)15時57分46秒
  すみません!議会が始まったのは2月25日からですが、今回は民主党政権になって初めての予算ということと、その他抱える案件が多いこともありなかなか書き込みが追いつきませんでした。お詫び申し上げます。

そうちゃんにもお気づかいいただきありがとうございます。

ふくろうさんへ
お仕事での不等待遇や就労の課題など書き込みを拝見しながらご苦労されたことお気の毒に思います。労働者の待遇改善はこれからの日本社会でとても重要な問題です。女性の労働力は人口減少社会の到来を見据え更に期待されるでしょうし、それに見合うには働く人の立場に立った政策も必要だと思います。
私は同じ働く女性として、この国は男女雇用機会均等法ができてからも待遇が改善されているとは思えないし、更には派遣の割合が増え正社員になるのが難しい状況も改善されるべきだと思っています。
民主党は、性別、正規・非正規にかかわらず、同じ職場で同じ仕事をしている人は同じ賃金を得られる均等待遇を実現する。と政策提言しています。
地方行政の議員ではありますが女性の立場で身近な課題から改善できるように努めてまいりますね。

先日も議会事務局に「今国会で予算審議しているが綾瀬の民主党議員と話しをしたい」とお電話がありました。

お電話を受けると、身近には様々な問題で国民年金に移行し将来の年金制度がどうなるのか心配している人が多い。民主党政権になったことを期待している。ぜひ政策を教えてほしいということでした。
民主党がマニフェストに述べた最低保証年金と、更には所得比例年金で同賃金の人は同年金となるようにすること、将来一元化を目指していることをお伝えしました。
政権与党となりようやくこれまでの制度からの転換を図っているところなので正確にはお話できませんが、平成25年までに法案を提出していくとしていますのでその旨お伝えし、頑張ってほしいと激励されました。

民主党は大きな政策集団となり色々な問題も報道されていますが、民主党地方議員の私としては綾瀬で生活される皆様が安心して暮らすことができ、将来にわたって故郷綾瀬を誇りに思えるようなまちにするため頑張るのみです。

そのためにあらゆる機会にこの市の課題を皆様にお伝えし、一緒に考え議論をしそれを市政に反映させていくことが私の使命です。

長くなるので委員会で審議された寺尾上土棚線北進については改めて投稿します。
 

ふくろうさんへ

 投稿者:そうちゃん  投稿日:2010年 2月27日(土)17時23分51秒
編集済
  私は、民主党員で佐竹百里綾瀬市議会議員を人一倍応援していることを自負している者です。
あなたの書き込みは村上寛光大和市議会議員のホームページの掲示板でも拝見いたしました。
村上大和市議は親身に回答してくださったことと思います。
今まで政権与党であった自民党の某国会議員のホームページを毎回(面白半分に)見ていますが、末端で苦しむ人に対するような書き込みは見たことがありません。
そしてゴーストライターが書いているような内容に失笑しか出ません。
今、ネトウヨといわれる人たちは民主党政権が日本をダメにするというような論調をしていますが、日本をここまでダメにしたのは個人的見解では長らく続いて自民党政権だと思います。
確かに自民党が高度経済成長など日本を牽引してきたのは事実ですが、疲労が出てきていたのです。
マスコミも当初は小泉政権時代に賛美したものの結果的に多くの人が路頭に迷い、それを今度は突き始めました。
政治も生活も現実は当事者にしか分かりません。そのような想いを理解して欲しいとわが地元の橘秀徳衆議院議員にもお願いしてあります。
これからあなたのような方が少なくなるように頑張ってくれと応援しているところです。
市議会議員も身近な問題に市民目線で本当に選んでよかったと思える活躍をして欲しいと私は佐竹市議にお願いしているところです。

佐竹市議は市議会開会中の真っ只中でご多忙なので、支持する私が代わって回答させていただいたことをご理解下さい。
 

綾瀬の良さ

 投稿者:北部住民  投稿日:2010年 2月26日(金)00時51分59秒
  でんでんむし様
失言ではありませんよ。むしろでんでんむし様の仰るとおり「綾瀬市の汚いやり方」をたくさんの市民が知らなければならないと思っています。

今回の説明会も「説明になっていない説明会」でしたし、詳細資料も出さず、議論を先延ばしにしているだけでした。
住民からの質問に対する答えもうやむやで、いかに住民の意見を聞く気がなく「計画ありき」だということが露呈した説明会でもありました。
アンケートも氏名・住所を記載させるもので、本音で書きづらい手法でした。
アンケートに関しては説明会でも苦情がでて、結局氏名は書かなくて良い、住所は書いても何丁目くらいまででよい、設問に限らず思うこと何でも書いてよい、となりました。

タイトルにも書きましたがいろんな方と話をする中で出てくるのは「綾瀬の良さは少しのんびりした所で、基地の騒音こそあるものの住みやすいところ」だと言います。
商業施設は近隣の市に出れば間に合います。
綾瀬がマネをして同じようなものをつくっても、もういらないのではないでしょうか。
「住みやすい街」は決して大きい道路や中途半端な商業施設をつくることではなく、
現在ある公共施設のメンテナンスや誰でも使える施設にしていくこと、市民に情報を隠さずどの地域の問題も全市民がわかるようにすること、コミバスのルートや時間の増発、一部の限られた人たちだけでなく市民一人ひとりの声を聞く努力をすることなどなど・・・挙げたらきりが無いくらい出てきます。

綾瀬市が綾瀬をより良くするために本気で考えているならば、まずはこの綾瀬に住んでいる人たちを大事にして、市民が何を望んでいるかを真剣に知る努力をしなければならないのではないでしょうか。

もうこれ以上、市民を騙す市政・姿勢は止めていただきたいものです。
 

(無題)

 投稿者:ふくろう  投稿日:2010年 2月25日(木)03時11分20秒
  私は1970年2月26日生まれで 医療事務か 一般事務か データ入力の仕事を探して 就職活動中です。

私が1992年1月から 1999年3月まで アルバイト勤務していた大阪市北区中津にある 日本通運のことをお話し致します。

勤務日は 月曜日から 土曜日までの週6日 勤務時間は9:30~17;30の契約で 休日は 日曜日と 祝祭日でした。

しかし 時給は 全く 同じ仕事で 男性が900円で 女性が750円でした。

長年 休まずに 忙しい時は 21:30位まで 残業もして 一生懸命に 働いていても 厚生年金も 有給休暇も 社会保険もありませんでした。

暇な時は 女性だけが15時位で 帰らされたり 1日おきの 出勤にされたり トイレ掃除も 女性だけがさせられていました。

私は 独身で 両親と 同居していて 何回も面接に落ち やっと 採用された会社だったし 辞めると 次の会社を見つけることが難しいと 思ったため なんとかやっていましたが なかには 一人暮らしの方や 離婚経験者でお子さんを 必死で 育てている方は それが嫌で 何人も辞めていきました。

女性は かわいくて 普通以上の身長がある人だけが 時給850円の厚生年金と 有給休暇と 社会保険つきの準社員になれていました。

でも 私は小柄だった為 一日も休まずに 一生懸命に働いていても 準社員になれませんでした。

私は 物凄く 準社員になりたかったので 認めてもらいたくて 一日も休みませんでしたし 残業も沢山して 身長を高く見せたくて 少しでもかかとのある靴を履き お守りも沢山持ち 頑張っていました。

身長制限がある モデルさんや 客室乗務員や 婦人警官ならともかく 一般事務の仕事なのに 本人がどうしょうもできない身長などで 準社員になれなかったのは 納得いきません。

退職後 2005年に通った ヒューマンアカデミーの医療事務の先生から 普通の会社は 例え 時給制でも 月曜日から 土曜日までの週6日 勤務時間は9:30~17;30 半年働いたら 10日間の有給休暇がもらえる権利があると 教えて頂きました。

ヒューマンアカデミーの医療事務の先生から 連合大阪という所が 格差是正などに 取り組んでいるので 行ってみたらどうかと 勧めて頂きました。

私は 初めて 連合大阪へ行き 連合大阪の方からも 例え 時給制でも 半年で 勤務時間に合わせた数だけ 例え週1日でも 有給休暇はもらえて 7年も働いていたら 厚生年金も 有給休暇も 社会保険ももらえる権利があると 教えて頂き 9:30~17;30の契約なのに 15時位で 帰らされたり 1日おきの 出勤にされたりするのは 契約違反にあたるし 退職後 2年間までは 訴える事もできた事を 教えて頂きました。

今 考えても 物凄く 悔しくて これからは 厚生年金も 有給休暇も 社会保険ももらえる所に 就職したいです。
 

レンタル掲示板
/48